前向思考ガイダンス

相続税をどうして払わなければならないかについての考察

日本においては相続税と言うのはあって当たり前、またはあるのが当然と考えている人も少なくないと思われます。しかし、世界を見回してみると相続税がある国と相続税がない国とを比べてみると相続税がない国のほうが多数なのです。日本のおいては相続税を支払う人の割合は5%程度と高くないと言えますが、相続税自体がない国と比べることができる話ではありません。そうなるとどうしても相続税を支払うべき根拠はどこにあるのかに突き当たってしまいます。

 

もし、日本で言われている相続税の課税の根拠が世界的に統一的な倫理観に基づくならば、相続税が課税される国がもっと多くならなければならない理屈になり、世界的に見ると日本の相続税の課税の根拠は世界的にはあまり強くない、いわば弱い根拠であるとも言えます。
相続税のかかる財産は、すでに所得税などを納付した後の残った財物が蓄積されたものです。その蓄積された財産にまた相続税と言う税金をかけることは二重課税であるという考え方があります。相続税の代わりにもっと所得税の課税強化があります。世界では相続税を排除するという考え方が主流と言ういい方もできるのです。

 

相続税では財産を残さずにすべて使ってしまえば相続税は必要ありません。浪費してもなんでも相続税のかからないくらいまでに財産を残さなければいいのです。

 

相続税計算をしてみる

 

逆に質素倹約で妻や子供の為に財産を残した場合には懲罰のような課税をすることは簡単に納得できることではありません。相続税の課税の根拠を徴税者は国民の納得のいく形で示さなければならないと思います。

健康志向のホットヨガ

最近流行り始めているホットヨガ。
室温も湿度も高めの中で、ゆったりとした動きを行うことで、ダイエット効果が得られると言われています。

 

室温39度 、湿度65%というのが、一番筋肉を伸ばしやすい環境で、痛みを伴ったり体に負担がかからないと言われています。

 

しかし、効果はダイエットだけではないということが明らかになってきました。

 

汗のかきずらい方でも、ホットヨガで、大量の汗をかくことができます。

 

その為、体の中に蓄積されていた老廃物を汗と共に排出できるのです。

 

また体を芯から温めるため、冷え性や肩凝りにも効果があると言われています。

 

代謝もよくなり、血行、血流もよくなり、ダイエットとして始めたはずが、健康な体へと導いていくことになります。

 

さらに、ヨガにより、体の中にある細い筋肉が鍛えられるので、引き締まりバランスのいい体型になることができます。

 

長く続けることで、痩せるだけではなく、これからも太りにくい体へと変化させていくことが、できるのです。

 

私も1度だけ、ホットヨガの体験をしてみましたが、滝のような汗が流れ、運動の後の爽快感はとても気持ちが良かったです。
ホットヨガが終わったら定番の水素水を飲んで喉の渇きをいやしましょう。